環境保全マネジメント|東京都、埼玉県の一般貨物運送から印刷物運送まで、さまざまなお荷物の運送なら関越運輸株式会社へお任せ下さい


環境保全マネジメント

関越運輸株式会社 >> 環境保全マネジメント

環境方針

基本理念

当社は、貨物運送事業者であり、この事業の営みには市民の生活基盤である公道を使わせていただかなければなりません。 このことから、当社は、当社の発展が運送業界の発展に寄与し、豊かな市民生活を実現させるだけでなく、地域社会の健全かつ健康的な環境保全にも貢献できる企業を目指します。

基本方針

当社は、環境負荷の低減、環境汚染の防止を実践するため、

  • 環境関連法規制、条例、協定及びその他の要求事項を遵守します
  • エコドライブの実践や低公害車の導入を推進します
  • 限りある燃料資源の一層の節約に努めます
  • 環境教育、啓発活動を通じて従業員の意識向上を図ります
  • 廃棄物の分別、適正処理を徹底するとともに、ごみの減量に努めます
  • 環境への取り組みには目標を定め、定期的な見直しと改善を実施します
  • 本方針は広く社外に公表します

平成20年11月3日 関越運輸株式会社 環境保全管理責任者
代表取締役 松本 惠

環境問題への取り組み

私たち運送会社にとって、「お客様のお荷物を安全かつ確実に運ぶ」ということは当然に課せられた使命であると言えます。
一方で、深刻化する環境問題への取り組みは、人類共通の課題であると言えるかもしれません。
環境省によれば、国内の二酸化炭素排出量のうち約2割を運輸部門が占めております。
全国の運送事業者は60,000社を超えますが、私たちはその1社として、人類共通の課題である環境問題に真剣に取り組んで参ります。


エコドライブの推進

全社全車輌の燃費率を把握し、車輌ごと、またはドライバーごとに燃費目標を設定し、エコドライブ推進責任者が指導にあたっております。

アイドリングストップの励行

車を降りたらエンジンを切るというのは当たり前ですが、信号待ちでのアイドリングストップや、朝の暖機運転についても季節ごとに時間を定め、二酸化炭素の排出抑制に努めています。 ※アイドリングによる燃料消費量は、1時間あたりおおよそエンジンの排気量の10分の1です。

車輌の点検・整備の基準強化

トラックの乗り方を変えただけでも目に見える効果は現れます。しかし点検や整備に厳しい基準を設けることで、車輌トラブルを未然に防ぎ、トラックそのものや部品の消耗を遅らせることもできると考えております。 そこで、当社では選任の有資格者を常駐させ、担当乗務員との連携により適切な点検や整備を継続的に実施しております。

公的な認証の取得

交通エコロジー・モビリティ財団は、ISO14000シリーズに基づき、環境負荷の少ない事業運営を推進する事業所に「グリーン経営認証」を付与しています。
当社においても平成21年1月、地域社会の健全で健康的な環境保全に貢献することを目的とし、認証を取得しました。


PAGETOP