運輸安全マネジメント|東京都、埼玉県の一般貨物運送から印刷物運送まで、さまざまなお荷物の運送なら関越運輸株式会社へお任せ下さい


運輸安全マネジメント

安全方針

基本理念

当社は、輸送の安全の確保が最も重要であることを自覚し、法令の遵守はもとより、安全に関して継続的改善をおこない、環境にも配慮した運転をすることで無事故社会の実現に寄与し、誰からも信頼される物流企業を目指します。

基本方針

  • 社長は、
    輸送の安全の確保が事業運営の根幹であることを深く認識し、この実現に向け主導的な役割を果たします。
  • 運輸安全推進責任者は、
    社内の運行管理体制および車輌管理体制の充実強化を図るとともに、現場の声を取り入れたマネジメントを実施します。
  • 選任運転者は、
    プロドライバーとしての自覚や良心に基づき、悪質違反の根絶を継続するとともに安全に関する知識及び技能の向上に努めます。
  • すべての社員は、
    輸送の安全に関する基本理念および方針をよく理解し、互いに協力し、全社一丸となってこの活動に取り組みます。

平成21年2月20日 関越運輸株式会社 運輸安全最高責任者
代表取締役 松本 惠

輸送の安全に関する目標および実績

運輸安全マネジメント H26 公開資料

運輸安全マネジメント H27 公開資料

運輸安全マネジメント H28 公開資料

運輸安全マネジメント H29 公開資料


安全への取り組み

私たち運送会社にとって、安全への取り組みは最重要課題の1つであると言えます。 そこで関越運輸では、関係各位のご支援ご協力をいただきながら、テストコースでの実走を含めた安全実習や省燃費講習などをおこなっています。またこのほかにも、定期的に社内研修や適性診断をおこない、ドライバーの意識向上やスキルアップに努めています。 こうした小さな取り組みの積み重ねが交通事故や労働災害の防止につながり、お得意様やトラック販売会社、保険会社様などからも高い評価をいただくようになりました。

デジタコの活用

当社では平成17年から全車(装着義務のない車輌も含めて)にデジタコを導入し、安全運行の徹底と事故防止に役立てています。 1日の運行を終え、帰社後にメモリーカードを差し込むと直ちにその日の運行状況が分かるような仕組みになっています。 運行管理者または安全運転管理者が常時ドライバーの運行状況をチェックし、個別の指導にあたっています。


運転適性診断

定期的におこなう「運転適性診断」では、日ごろ自分ではあまり意識することのない「反応の速さ」や「正確さ」「適応力」などが検査によって客観的に知ることができます。
この結果をもとに、どのような場面で事故の危険性が高まるのかを考え、ドライバーは日々の運転に活かしています。
デジタコやドライブレコーダーなどの最新設備が事故防止に有意であることは疑いありませんが、結局のところは運転する「人」の姿勢ひとつで事故は減りもすれば増えもするのではないでしょうか。


エコドライブ講習


平成21年1月12日東京日野自動車(株)様が実施するエコドライブ講習
に参加し、エコモ財団認定の修了証をいただきました。

エコドライブ、つまり省燃費運転は環境への取り組みの一環でもありますが、燃費のいい運転=安全運転であるとの考えから、事故防止のためにも役立てています。
例えば、ブレーキやアクセルをこまめに踏む動作は波状運転となり、エコドライブの観点からは好ましくありません。
このため車間距離を十分にとって定速走行を心がけるよう指導しておりますが、車間を開けることにより、前を走る車の急ブレーキによって追突してしまう危険性が減るだけでなく、 自分自身が急ブレーキを踏む場面も減ることで後ろから追突される可能性も格段に減ってきます。


Gマークの認証取得

当社では、運行の安全確保および法令順守の向上を目的とし、平成21年12月にGマークの認証を取得いたしました。
Gマークとは、全日本トラック協会が認定・交付している「安全性優良事業所」のシンボルマークです。
この認定を受けるためには、「法令順守」、「事故および違反」、「安全性に対する取り組み」の3分野38項目の厳しい審査をすべてクリアする必要があります。
当社では、こうした厳しい審査に向けて取り組むことによって、社内に安全意識が強く浸透し、それがドライバーひとりひとりの意識向上となり、結果的にお客様との信頼関係にも大きく寄与することとなりました。


PAGETOP